お墓のQ&A Q.現在お墓はありませんが、どんなことに気をつけてお墓を建てたらよいでしょう? A. ①自宅からの所要時間。②故人の誰と誰をお墓に入れるのか。③建てた人の後は誰がそのお墓を継ぐのか。 ④予算はどれくらい当てるのか。⑤自分の宗派の確認。以上を確認しておくと良いでしょう。
施 工 例
霊園のご案内
Q.お墓を建てる時期に決まりはありますか? A.お墓を建てる事は死者を弔う尊い事であり、すべてが吉日です。もし日を選ぶなら、お彼岸・お盆・お正月・ご命日に合わせても良いでしょう。
NEWS
こだわり
Q.生前に自分のお墓を建てると早死にする? A.生前に自分のお墓を用意する事を古来から「寿陵」といい、長生きができて縁起の良い事とされています。
お墓が完成するまで
Q.「寿陵は」節税になると聞きましたが
お墓のQ&A
A.寿陵は節税になります。親が亡くなると子供は遺産を相続します。遺産を受け継いだ人は相続税を払うことになります。しかし、親が生前に建てたお墓は相続税の対象外です。ところが親が亡くなってから建てるお墓の費用は、相続の時点では課税対象の遺産に含まれていますから税金がかかるわけです。寿陵は遺族には節税となり、とても助かるわけです。
お問い合わせ
Q.お墓を建てるのに、どれくらい費用がかかりますか? A.墓石の価格は①墓石の大きさ、②墓石の形、③石の種類、④基礎工事費によって違います。また、外柵や付属品として、灯篭・物置台などお墓の設計によって費用は大きく変わります。一概にはいえませんが、おおざっぱに申し上げるなら150万円~250万円がひとつの目安でしょう。 Q.お墓に決まった形はありますか? A.決まった形はありません。ただ伝統的な形には縦型の「和型」、最近増えてきた横型の「洋型」、また従来の型にこだわらない自分好みの自由な型でつくる「デザイン墓石」もあります。故人をしのび手を合わせる事のできるものであれば、あまり形にこだわる必要はないと思います。 Q.石選びにポイントはありますか? A.現在お墓に使用される石は、ほとんどが花崗岩(みかげ石)です。石は天然の物であり、生産調整ができません。したがって、生産量が少なく需要が多ければ希少価値としてのプレミアがつき、高くなります。反対に生産量の多い石は、比較的安価となるわけです。ですから、安いから品質が悪いとは一概にいえないわけです。しいて申し上げるなら、水を吸いやすい石は、寒冷地帯でひび割れを起こす要因となり、硬度が低い石は光沢がさめやすいので避けたほうが無難でしょう。 Q.お墓に 彫る文字には規定がありますか? A.お寺によっては推奨している文字がある場合もありますが、基本的には全く自由です。お墓に彫刻される文字といえば、「○○家」、「○○家之墓」などが一般的ですが、洋型のお墓が増えるとともに、故人やご家族らしさを表現した言葉を彫ったり、好きなお花のイラストを彫る方が多くなりました。

Copyright © 2015  ㈲橋本石材店